2006年06月23日

いままでの4年、これからの4年。

ブラジル戦、あのなかの何人がほんとうに勝ちに行こうとしていたのかな。

ピッチに倒れたままブラジル選手のユニで顔を覆って泣き続けるヒデをみて、まず思ったのはそれでした。

1点目を奪われたあと、ロナウドを警戒するあまりズルズル下がったラインを修正しようとする人がいなかった。結果、相手にエリアを与えて、ミドルを2本も決められた。
その2点目、3点目を奪われた直後に、あきらかに「もうダメだ」って顔をしてる選手が複数いたことがとにかく腹立たしかった。
手をたたいて周りを鼓舞してるイナのこと、何人が聞いていただろう?

そして涼しい夜の試合にもかかわらず、後半完全に足が止まっていたこともひっかかるのです。水分補給は徹底されていたのかとか。炎天下のデーゲームで蓄積された疲れを取るための最大限の処置はなされたのかとか。

ピッチの中でも外でも、マネジメントというものについて考えさせられた試合であり、4年間でした。

ジーコがお題目とした『自由』、それ自体を悪いとは思いません。(4年前トルシエを呪おうかと思った程度には中村俊輔は好きな選手だという、個人的な事情もあるけど)
ジーコが自由というなら自由にさせとけばいいのです。でも、そのためのフォローの体制をサッカー協会はつくらなかった。ジーコはすばらしいの一点張りで、擁護はしていたけどフォローにはなっていなかった。

ジーコが自由と口にしたことで育った人やものも確かに在る。それはこの4年間のまちがいない財産です。
つぎの4年、まずは北京までの2年。その財産をもっと豊かにするために、ピッチ内外でしゃんと仕切れる人と体制を育てていかないとね。
posted by キサラギ at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | soccer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19724908
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。